FC2ブログ

振り返りの巻! (選択式)

まずは、労基法&安衛法から~

【問1】
 1 労働基準法において「使用者」とは、「事業主又は事業の経営担当者
   その他その事業の労働者に関する事項について、事業主のために
   行為をする [ A ] 」 をいう。

 2 賃金の過払が生じたときに、使用者がこれを精算ないし調整するため、
   後に支払われるべき賃金から過払い分を控除することについて、
   「適正な賃金の額を支払うための手段たる相殺は、(・・・略・・・)その
   行使の時期、方法、金額等からみて労働者の [ B ] との関係上不当と
   認められないものであれば、同項(労基法第24条1項)の禁止するところ
   ではないと解するのが相当である」 とするのが最高裁判所の判例である。

 3 休業手当について定めた労基法第26条につき、最高裁判所の判例は、
   当該制度は 「労働者の [ C ]という観点から設けられたもの」 であり、
   同条の 「『使用者の責めに帰すべき事由』の解釈適用に当たっては、
   いかなる事由による休業の場合に労働者の [ C ] のために使用者に
   前記(同法第26条に定める平均賃金の100分の60)の限度での
   負担を要求するのが社会的に正当とされるかという考量を必要とすると
   いわなければならない」 としている。

 4 労働安全衛生法では、常時50人以上の労働者を使用する事業場の
   事業者は、産業医を選任しなければならないとされ、同法第13条3項
   では、「産業医は労働者の健康を確保するために必要があると認める
   ときは、事業者に対し、労働者の健康管理等について必要な [ D ] 
   することができる。」と定められている。
   また、労働安全衛生規則第15条1項では、「産業医は、少なくとも
   毎月1回作業場等を巡視し、 [ E ] 又は衛生状態に有害なおそれが
   あるときは、直ちに、労働者の健康障害を防止するための必要な措置を
   講じなければならない。」と定められている。


<選択肢>
  ① 意見  ② 過失相殺  ③ 勧告 

  ④ 監督若しくは管理の地位にある者  ⑤ 休業の確保 

  ⑥ 経済生活の安定 ⑦ 最低賃金の確保 ⑧ 作業環境

  ⑨ 作業場所  ⑩ 作業方法  ⑪ 指揮監督者 
  
  ⑫ 指導  ⑬ 自由な意思  ⑭ 助言 

  ⑮ すべての者  ⑯ 生活保障  ⑰ 設備 

  ⑱ 同意に基づく相殺  ⑲ 不利益の補償  ⑳ 利益代表者


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


久しぶりに問題を見ましたよ(^^;)

当日のこと だいぶ思い出してきました~

去年と同じ大学でしたが
出来たてほやほやの新校舎で
教室がとってもきれい!

トイレから瀬戸内海が見渡せて
お天気も良くキラキラしていて
気持ちよかったです。

午後の択一式のトイレ休憩では
気分転換できるなぁと思ったのに
結局、休憩を入れる余裕はなかったのでした(^^;)


では、解答へ

A と D は、すぐわかって
B と E は、最後まで迷いました。

D の「勧告」と「助言」は、直前に整理してたので
記憶に新しかったのを覚えてます。

C は、なぜか塾長の“所得保障”という声が聞こえました。
それで1番近い生活保障を入れて◎でした!



と言うことで

<正解>
 A ⑮ すべての者
 B ⑥ 経済生活の安定
 C ⑯ 生活保障
 D ③ 勧告
 E ⑩ 作業方法


 
    
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

rinco

Author:rinco
社労士試験に合格しました。
次は、料理と茶道といろいろと・・・知的でおもろい女 目指して頑張ります♪

占い
成長してる?
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード