FC2ブログ

労基・安衛 3 (択一式)

労基、安衛を終わらせちゃいましょ☆


【問7】  寄宿舎について  ○を選べ。

 A 事業の附属寄宿舎に労働者を寄宿させる使用者は、
   事業の附属寄宿舎に寄宿する労働者の外泊について
   使用者の承認を受けさせることができる。


 B 事業の附属寄宿舎に労働者を寄宿させる使用者は、
   事業の附属寄宿舎の寮長を選任しなければならない。

 C 事業の附属寄宿舎に労働者を寄宿させる使用者は、
   起床、就寝、外出及び外泊に関する事項、行事に関する事項、
   食事に関する事項、安全及び衛生に関する事項並びに
   建設物及び設備の管理に関する事項について寄宿舎規則を
   作成し、所轄労働基準監督署長に届け出なければならない。

 D 使用者が、事業の附属寄宿舎の寄宿舎規則を作成する場合
   には、当該事業場に、労働者の過半数で組織する労働組合が
   ある場合においてはその労働組合、労働者の過半数で組織
   する労働組合がない場合においては労働者の過半数を代表
   する者
の同意を得なければならない。

 E 使用者は、常時10人以上の労働者を就業させる事業の
   附属寄宿舎を設置しようとする場合においては、
   厚生労働省令で定める危害防止等に関する基準に従い
   定めた計画を、工事着手30日前までに、
   所轄労働基準監督署長に届け出なければならない。 


<正解>   C  一人でも寄宿させる場合には
             届出が必要です。 


 A  労働者の私生活の自由を侵すことになるので
    禁止されています。

 B  寄宿舎生活の自治に必要な役員の選任に
    干渉する行為となるため禁止されています。

 D  「寄宿舎に寄宿する労働者の過半数を代表する者」の
    同意が必要です。

 E  「工事着手14日前まで」 にです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

労働安全衛生法に入りま~す♪

【問8】  安全衛生委員会等について   ×を選べ。

 A 安全委員会を設けなければならない事業場においては、
   衛生委員会を設けなければならない。

 B 安全衛生委員会の構成員には、事業者が指名した
   産業医を加えなければならない。

 C 安全衛生委員会の構成員の総数については、事業場の規模、
   作業の実態等に応じ定められていて、事業者が適宜に
   決めることはできない。


 D 衛生委員会を設けなければならない事業者は、衛生委員会を
   毎月1回以上開催するようにしなければならない。

 E 事業者は、安全委員会を開催したときは、遅滞なく、当該安全
   委員会の議事の概要を所定の方法によって労働者に周知
   させなければならない。


<正解>   C   事業場の規模、作業の実態等に即し
       適宜に決定すべきものである とされています。 




【問9】  医師による面接指導 について   ×を選べ。


 A 事業者は、休憩時間を除き1週間当たり40時間を超えて
   労働させた場合におけるその超えた時間が1月当たり
   100時間を超え、かつ、疲労の蓄積が認められる労働者に
   対しては、本人の申出の有無にかかわらず、面接指導を
   実施しなければならない。

 B 産業医の選任義務のない常時50人未満の労働者を
   使用する事業場の事業者であっても安衛法第66条の8の
   適用があり、同条に定める措置を講ずる必要があるので、
   地域産業保険センターを利用して、面接指導を実施することが
   できる。

 C 安衛法が定める衛生委員会の調査審議事項には、長時間に
   わたる労働による労働者の健康障害の防止を図るための
   対策の樹立に関する事項が含まれている。

 D 事業者は、面接指導の結果に基づき、当該労働者の健康を
   保持するために必要な措置について、医師の意見を
   聴かなければならない。

 E 事業者は、面接指導の結果に基づき、当該面接指導の結果の
   記録を作成して、これを5年間保存しなければならない。
   また、当該記録は、安衛規則第52条の5に定める事項のほか
   当該労働者の健康を保持するために必要な措置についての
   医師の意見を記載したものでなければならない。


<正解>   A  労働者の申し出により 行うものとされています。



【問10】  技能講習等について   ○を選べ。


 A フォークリフト運転技能講習を受講しようとする者は、
   当該技能講習を実施する所轄労働基準監督署長に技能講習
   受講申込書を提出しなければならない。

 B フォークリフト運転技能講習を修了した者は、当該技能講習の
   修了により就くことができるフォークリフトの運転の業務に従事
   する場合は、フォークリフト運転技能講習を修了したことを証する
   書面を携帯している必要はない。


 C 事業者は、最大荷重が1トン未満のフォークリフトの運転の業務
   については、安衛法第59条3項のいわゆる特別教育を
   行わなければならない。

 D 各種商品卸売業及び各種商品小売業の事業者が、当該事業場の
   倉庫内で、労働者を最大荷重が1トン以上のフォークリフトの運転
   の業務に就かせる場合については、安衛法第61条1項に定める
   就業制限の適用は除外される。

 E 安衛法第61条1項に定める資格を有しない個人事業者が、
   当該事業場の倉庫内で、最大荷重が1トン以上のフォークリフトの
   運転の業務に就いた場合については、安衛法の罰則規定は
   適用されない。



<正解>   C   


 A  講習の申込みは「登録教習機関」 へしなければなりません。

 B  書面を携帯しなければなりません。

 D  規定は除外されていないので、一定の資格を有するもので
    なければなりません。

 E  罰則が適用されます。(50万円以下の罰金)



   
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

rinco

Author:rinco
社労士試験に合格しました。
次は、料理と茶道といろいろと・・・知的でおもろい女 目指して頑張ります♪

占い
成長してる?
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード