FC2ブログ

厚年 3 (択一式)

 厚年の続きから♪


【問7】 平成19年4月1日以後に離婚等をした場合における特例について
     ×を選べ。

 A  標準報酬の改定又は決定がされた第2号改定者の老齢厚生
    年金は、当該第2号改定者の支給開始年齢に達するまでは
    支給されず、また、当該老齢厚生年金額は第1号改定者が
    死亡した場合であっても、何ら影響を受けない。

 B  請求すべき按分割合は、原則として、第1号改定者及び第2号
    改定者それぞれの対象期間標準報酬総額の合計額に対する
    第2号改定者の対象期間標準報酬総額の割合を超え 2分の1
    以下の範囲内で定められなければならない。

 C  婚姻の届出はしていないが事実上婚姻関係と同様の事情に
    あった第1号改定者及び第2号改定者について、当該第1号
    改定者及び第2号改定者の一方の被扶養配偶者である第3号
    被保険者であった第1号改定者及び第2号改定者の他方が
    当該第3号被保険者としての国民年金の被保険者資格を喪失し、
    当該事情が解消したと認められる事由に該当した日から起算して
    1年を経過したとき
は、標準報酬改定請求を行うことはできない。

 D  第1号改定者及び第2号改定者又はその一方は、社会保険庁
    長官に対し、厚生労働省令の定めるところにより、標準報酬
    改定請求を行うために必要な按分割合の範囲等についての
    情報の提供を請求することができるが、当該請求は標準報酬
    改定請求後に行うことはできない。

 E  標準報酬改定請求は、平成19年4月1日前の対象期間に係る
    標準報酬も改定又は決定の対象としている。



<正解>  C   「1年を経過したとき」ではなく、
             『該当した日の翌日から起算して2年を経過
             したとき』 です。

           



【問8】 標準報酬又は費用負担について    ×を選べ。

 A  農林漁業団体の事業所に使用される被保険者の厚生年金
    保険料率は、平成20年9月分(同年10月納付分)は1000分の
    161.2であるが、平成20年10月分(同年11月納付分)から
    平成21年8月(同年9月納付分)までの間は、一般の被保険者と
    同じ1000分の153.5である。

 B  船員たる被保険者の標準報酬月額の決定及び改定に
    ついては、船員保険法の規定の例によることとされている。

 C  昭和36年4月1日前の第3種被保険者期間に係る給付費に
    ついては、25%を国庫が負担する。

 D  坑内員及び船員以外の被保険者(厚生年金基金の加入員を
    除く)の保険料率は、日本たばこ産業株式会社及び旅客鉄道
    会社等に使用される被保険者を含めて、平成21年9月分(同年
    10月納付分)から平成22年8月分(同年9月納付分)までの間は、
    1000分の157.04である。

 E  適用事業所に使用される高齢任意加入被保険者で、事業主の
    同意が得られなかったために保険料を全額負担している者は、
    当該保険料をその月の10日までに納付しなければならない。




<正解>  E   「その月の10日」ではなく、『翌日末日までに』です。

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

rinco

Author:rinco
社労士試験に合格しました。
次は、料理と茶道といろいろと・・・知的でおもろい女 目指して頑張ります♪

占い
成長してる?
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード