FC2ブログ

BIO 命


昨日からの雨が上がって遠くの山までくっきり見えて
暖かい春を感じた朝でした。

木の枝から新しい若い芽が出ていたりして
春が生命を感じられるいちばんの季節だと思います。

つつじ


桜ももちろん好きなんですが
山つつじがすごく好きなんですよね。
紫色がきれい。


生命ってすごいですね。
私自身も 生かされているんだなぁと思うと
いろんなちっちゃなことでも感謝できる気がします。



マクロビオティックとは

西洋医学の父、古代ギリシャのヒポクラテスが
「環境」「食事」を重視した生活法を提唱し、
これを「偉大な命」「長寿」を意味する「マクロビオス」と
表現したのが始まりと言われています。

「マクロ」 大きな、偉大な
「ビオ」  生命
「ティック」 術、学

という言葉からできてます。

まさに“偉大な命を生きる術”なんですね。
とても深いです。


いま、世の中ではいろんな病気が流行っています。
病気とまで言えなくても生活習慣病のような
慢性的な症状など気をつけたら治るくらいの軽いものまで。

ほんとに健康だと心から言える人ってどのくらいいるのかなぁ


マクロビオティックを知ってから
みんな食べ過ぎているなぁと感じます。

今は「飽食の時代」

そして、食べすぎが原因の病気ばかりです。

メタボにはじまり、癌、糖尿病、低体温症、
それからうつやキレるなどストレスなどからくる
自律神経失調症など 心の病気もです。 

昔の病気は、栄養が足りないことからおこる病気が
ほとんどだったそうです。

人間の体は、飢餓には耐えられるようになっているけど
ここ数十年の飽食に耐えられるかどうかは未知です。

そのために医療が発達してきたと言われたら
それはそれですごいことなんですが・・・。



マクロビオティックの料理は

戦前のおばあちゃんやお母さんが作っていた純粋な日本食を
広い視野で見つめなおし、そこに東洋的な陰・陽のバランスを
取り入れて作る食事方法です。


「一物全体」いちぶつぜんたい

命あるものはまるごと1個で調和がたもたれている という考え方です。

お米も野菜もまるごと食べるのがいいんです。
お米は玄米。野菜なら皮を剥かずそのままで
そのものがもつエネルギーをまるごとがいい。

 農薬や肥料のことはちょっと気になりますが・・・。

野菜を切るときもなるべく1口で
頭としっぽ、中心と外側が食べられるような切り方をします。


「身土不二」しんどふじ

身と土(地球)は別々のものではなく、一体のものである という考え方です。

他の動物・植物と同じように私たち人間も
この大きな自然・宇宙の一部であり、共にに育ち生かされているのです。

その土地に、その季節にとれる野菜などを食べ(環境を取り入れ)
自然の摂理のリズムと共に生きることができれば、
健康に楽しく暮らすことができるのです。


輸入された野菜や果物は控えたほうがよいとされています。
北半球と南半球では右回り、左回りと回転が逆ですよね。
逆の土地で育ったものを食べ過ぎると
めまいがしてくるそうです。

なるほど~ですね。


まだまだこれから勉強&実践していきます。

そしていつか自分で生命を生み出し
育むことができたらな・・・
とても素晴らしいことですね。


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

rinco

Author:rinco
社労士試験に合格しました。
次は、料理と茶道といろいろと・・・知的でおもろい女 目指して頑張ります♪

占い
成長してる?
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード