FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どんどん、まだまだ。

先は長いです~。


労働基準法及び労働安全衛生法

(問6)年次有給休暇について正しいもの選べ。

A 労基法39条に定める年次有給休暇の趣旨は労働者の心身のリフレッシュを
  図ることにあるため、使用者は少なくとも年に5日は連続して労働者に
  年次有給休暇を付与しなければならない。


B 労働者の時季指定による年次有給休暇は、労働者が法律上認められた
  休暇日数の範囲内で具体的な休暇の始期と終期を特定して時季指定をし、
  使用者がこれを承認して初めて成立する
とするのが最高裁判所の判例である。

C 年次有給休暇の時間単位での取得は、労働者の多様な事情・希望に沿い
  ながら年次有給休暇の消化率を高める効果を持ち得るものであるため、
  労基法39条4項所定の事項を記載した就業規則の定めを置くことを要件に
  年10日の範囲内で定められている。

D 労基法39条6項に定める年次有給休暇の計画的付与は、当該事業場の
  労使協定に基づいて年次有給休暇を計画的に付与しようとするものであり
  個々の労働者ごとに付与時期を異なるものとすることなく、事業場全体で
  一斉に付与しなければならない。

E 年次有給休暇を労働者がどのように利用するかは労働者の自由であるが、
  使用者の時季変更権を無視し、労働者がその所属の事業場において
  その業務の正常な運営の阻害を目的として一斉に休暇届を提出して
  職場を放棄する場合は、年次有給休暇に名をかりた同盟罷業に
  ほかならないから、それは年次有給休暇権の行使ではない。




正答 E

A 「少なくとも5日は連続して付与」 という規定はありません。

B 年休は、法律上当然に生ずる労働者の権利なので
  労働者の請求を待って発生するものではなく、
  使用者の承認がいるものでもありません。

C 時間単位の年休は法改正問題ですね~!
  ここは「年10日」ではなく、「年5日」です。

D 「事業場全体で一斉に付与」に限られるのではなく
  交代制や個別に付与できます。

  


(問7)労使協定等について正しいものを選べ。

A 労基法36条1項等について定める労基法上の労使協定が有する労基法の
  規制を解除する効力は、労使協定の締結に反対している労働者には
  及ばない。

B 労基法36条1項等に定める労基法上の労使協定を締結する労働者側の
  当事者は、当該事業場に労働者の過半数で組織する労働組合がある場合は
  その労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合は労働者の
  過半数を代表する者とされており、労働者の過半数を代表する者の選出は、
  必ず投票券等の書面を用いた労働者による投票によって行われなければ
  ならない。


C 労基法41条2号に定めるいわゆる管理監督者に当たる者であっても、労基法
  9条に定める労働者に該当し、当該事業場の管理監督者以外の労働者に
  よって選出された場合には、労基法36条1項に定める労基法上の労使協定を
  締結する労働者側の当事者である過半数を代表する者になることができる。

D 労基法38条の4第1項に定めるいわゆる労使委員会は、同条が定めるいわゆる
  企画業務型裁量労働制の実施に関する決議のほか、労働時間・休憩及び
  年次有給休暇に関する労基法上の労使協定に代替する決議を行うことが
  できるものとされている。

E 労基法38条の4第1項に定めるいわゆる労使委員会の労働者側委員は、
  当該事業場の労働者の投票又は挙手によって選出されなければならない。




正答 D

A 労使協定の効力は、事業場の労働者全員に及ぶので
  締結に反対していても適用されます。

B 「書面」に限られておらず、投票や挙手など
  民主的な手続きがとられていればよいとされています。

C 管理監督者は、過半数を代表する者を選出するときの労働者人数
  には含まれますが、「代表する者」になることはできません。

E 労働者を代表する委員は、過半数組合又は過半数代業者が
  選出をするのであって、労働者の投票や挙手で選ぶわけでは
  ありません。



Eの問題の正誤がわからなかったのでDとEを迷ったのですが
Dを選んで正解でした。

このように迷って2問か3問に絞った問題が、21問(70問中)ありましたが
そのうち正解したのが15問、間違えたのが6問。
この割合をみても運がよかったのでしょうか・・・(汗)







ここから安衛法です。

(問8)元方事業者について誤りを選べ。

A 建設業に属する事業の元方事業者は、その労働者及び関係請負人の
  労働者の数が安衛法施行令で定める仕事の区分に応じて一定数未満で
  あるときを除き、これらの労働者の作業が同一の場所において行われる
  ことによって生ずる労働災害を防止するため、統括安全衛生責任者を
  選任し、その者に元方安全衛生管理者の指揮等をさせなければならない。

B 製造業に属する事業の元方事業者は、関係請負人が、当該仕事に関し、
  安衛法又は同法に基づく命令の規定に違反しないよう必要な指導を
  行わなければならず、これらの規定に違反していると認めるときは、
  是正のため必要な指示を行わなければならないが、関係請負人の
  労働者に対しては、このような指導及び指示を直接行ってはならない。


C 建設業に属する事業の元方事業者は、土砂等が崩壊するおそれがある
  場所において関係請負人の労働者が当該事業の仕事の作業を行うときは、
  当該関係請負人が講ずべき当該場所に係る危険を防止するための措置が
  適正に講ぜられるように、技術上の指導等の必要な措置を講じなければ
  ならない。

D 造船業に属する事業の元方事業者は、その労働者及び関係請負人の労働者
  の作業が同一の場所において行われることによって生ずる労働災害を防止
  するため、協議組織の設置及び運営を行うこと、作業場所を巡視すること、
  関係請負人が行う労働者の安全又は衛生のための教育に対する指導及び
  援助を行うこと等に関する必要な措置を講じなければならない。

E 製造業に属する事業の元方事業者は、その労働者及び関係請負人の労働者
  の作業が同一の場所において行われることによって生ずる労働災害を防止
  するため、作業間の連絡及び調整を行うことに関する措置等の必要な措置を
  講じなければならない。




正答 B

 前半部分は、比較しておさえておくところですが、
 最後の一文が誤りです。関係請負人の労働者に対しても
 指導や指示を行わなければいけません。




(問9)安全衛生管理体制等について正しいものを選べ。

A 常時50人以上の労働者を使用する製造業の事業者は、安全管理者を
  選任しなければならないが、安全管理者は労働安全コンサルタントの
  ほか、第1種安全管理者免許又は安全工学安全管理者免許を有する者の
  中から選任しなければならない。


B 常時50人以上の労働者を使用する労働者派遣業の事業者は、衛生管理者
  を選任しなければならないが、衛生管理者は労働衛生コンサルタントの
  ほか、大学、高等専門学校、高等学校又は中等教育学校において理科
  系統の正規の学科を修めて卒業し、その後その学歴に応じて定められた
  一定の年数以上労働衛生の実務に従事した経験を有する者で、衛生に
  係る技術的事項を管理するのに必要な知識についての研修であって、厚生
  労働大臣が定めるものを修了した者の中から選任しなければならない。


C 常時50人以上の労働者を使用する建設業の事業者は、産業医を選任しな
  ければならないが、産業医は労働衛生コンサルタント試験に合格した医師で
  その試験の区分が保健衛生である者のほか、産業医試験に合格し、免許を
  取得した者の中から選任しなければならない。


D 事業者は、高圧室内作業については作業主任者を選任しなければならないが、
  当該作業主任者は都道府県労働局長の登録を受けた者が行う高圧室内作業
  主任者技能講習を終了した者でなければならない。


E 事業者は、作業床の高さが10メートル以上の高所作業車の運転の業務に
  ついては一定の資格を有する者でなければ当該業務に就かせてはならないが、
  当該業務に就くことができる者は、都道府県労働局長の登録を受けた者が
  行う高所作業車運転技能講習を修了した者でなければならない。




正答 E

A 安全管理者は、①学歴に応じた一定年数以上の産業安全の実務に
  従事した経験を有する者であって、厚労大臣が定める一定の研修を
  修了した者 ②労働安全コンサルタント ③厚労大臣が定める者
  のいずれかの資格を有する者のうちから選任することとされています。

B 衛生管理者は、①第一種衛生管理者免許を有する者 ②第二種衛生
  管理者免許を有する者 ③衛生工学衛生管理者免許を有する者
  ④医師、歯科医師、労働衛生コンサルタント、その他厚労大臣が
  定める者のいずれかの資格を有する者のうちから選任することと
  されています。

C 産業医は、医師のうち、労働者の健康管理等を行うのに必要な
  医学に関する知識について、厚生労働省令で定める要件を備えた者
  であることが必要とされています。
  「産業医試験に合格し免許を取得した者」は、これには該当しません。

D 高圧室内作業主任者については、講習を修了した者ではなく
  「高圧室内作業主任者免許」を受けた者の中から選任しなければなりま
  せん。



問題を読んだ形跡はあるものの正誤の判断ができてません。
えぇ~いこれだ!ってかんじでCを選んで×でした。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

rinco

Author:rinco
社労士試験に合格しました。
次は、料理と茶道といろいろと・・・知的でおもろい女 目指して頑張ります♪

占い
成長してる?
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。